アルコールによるEDの原因

ED(勃起障害)の原因は様々ですが、そのほとんどが生活習慣に関係しています。
不健康な生活を送ることで体にそのツケがたまり、三便宝生活習慣病としての勃起障害を引き起こす可能性が高まるのです。
ここではそんな勃起障害と不健康な生活習慣の代表である飲みすぎとの関係について説明していきます。
お酒には「酒は百薬の長」「酒は飲んでも飲まれるな」といった効用を説く諺と飲みすぎを戒める諺があります。
つまり、その人にとって適量の飲酒なら様々な効果を期待できますが、過度に飲みすぎるといろいろな弊害が出てくるということです。
実際、アルコールは適量であれば勃起にも良いと言われています。
なぜなら、アルコールには勃起障害を引き起こす酸化ストレスを減らす効果があるからです。
また、本能に働きかけて性的な興奮も引き起こしてくれます。
しかし、これが過度巨人倍増の飲酒となると話が違ってきます。
アルコールを大量に取ると大脳の働きが抑えられてしまい、性的な興奮がなくなってしまいます。
そして、この状態が続くと勃起障害になることがあります。
飲みすぎでたまたま上手くいかないことはあるでしょうが、それがストレスになって心因性の勃起障害になってしまうと深刻です。
性行為をする前は適度な飲酒に留めて、性的な興奮を高めるのが良いでしょう。
また、ED治療薬を飲んでいる時も過度の飲酒は禁物です。
アルコールはいわば性的興奮を高めるための「潤滑油」のようなものなので、これが多すぎるとED治療薬の効果がなくなってしまうでしょう。
更にアルコールには血管拡張作用もあるので、薬と一緒に飲むことで低血圧になるなどの副作用も出やすくなります。
なので、シアリス 通販ED治療薬を服用している時は普段より飲酒に気を配った方が良いでしょう。


[PR]
# by faeoiruoare | 2016-08-27 12:20

EDとSDって何?

EDという言葉は男性ならすぐにわかると思います。
勃起不全のことです。
少し前まではインポテンツといわれることが多かったですが、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどの誕生とともにEDという言葉が主流になっています。
もうひとつあまり知られていませんがSDという言葉もあります。
これは男性の性機能障害を表します。
大まかに言いますと巨人倍増性機能障害SDの中にED勃起不全がカテゴリーの1つとして含まれます。
男性の性機能障害を判断する基準には、性欲、性的行為、射精、ED治療薬、オーガズムがあります。
そのうち1つでもかけるか、あるいは不十分かで判断します。
EDは男性にとっては、とても深刻な問題です。
年齢とともに、勃起障害がおこりやすくなります。
しかし、20代30代の若い人でも、ストレスなどが影響して勃起障害になる人もいます。
EDは心因性と器質性に分けられます。
ストレスの影響を受けるのが心因性であり、器質性は加齢に伴う血管障害や脳から陰茎まで伝達する神経に障害があるとなってしまいます。
また、シアリス 通販生活習慣病も勃起障害を引き起こす原因ですので、規則正しい生活をし、糖尿病などに罹患している場合は治療するべきです。
最近ではバイアグラ、レビトラ、シアリスなどたくさんの薬が開発されています。
医学の発達により、副作用もおさえられていて、長時間持続する薬などもあり、利用者のニーズに答えてくれます。
もし、三便宝勃起障害で悩んでいるなら、治療薬を使うことをおすすめします。
治療薬はとても効果があります。
多くの人が、実際使ってみて効果があったと言います。
一度でも良いので、病院で医師に処方してもらうか、あるいはネット通販を利用して使ってみてはいかがでしょうか。


[PR]
# by faeoiruoare | 2016-08-27 12:19